家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

低価格に抑える!引越しを自分で行う2つのメリット

引越し 自分で

一般的に転勤の多い時期は4月と10月ですが、新規事業に加わるために来月には転勤をしなければならないビジネスマンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。自分一人の荷物だけを持っていき、現地で家財道具を揃えるかも知れませんが、家財道具一式と共に転勤する方は、どうやって荷物を運べばいいのか悩みますよね。業者に任せるのが一般的かも知れませんが、ご自身で何から何まで行うという方法もあります。

 

引越しを一人で行うメリット

費用を抑えることが出来る

業者に依頼をすると、10~15万円の費用が発生します。引越しの多い時期だとその分高額の費用が発生してしまいます。しかしご自身ですべて引越しを行う場合には、業者へ支払う費用をすべて抑えることが出来ます。

 

日時を自由に選ぶことが出来る

引越しの日時って選べなかったりしますよね。忙しい業者さんの場合、なかなか引越ししたい日程に設定できなかったりします。多くの方は、休日が土日なので、土日に引っ越したい!と思ってもすでに予約がいっぱいで申し込めないということがあります。ですが、自分で引越し作業を行う場合には、日時を自由に選ぶことが出来ますので、土日を使って荷物を運んだり、新居の荷物を整理することが可能です。

 

今回のまとめ

ご自身で引越し作業をするのは大変ですし、業者に依頼される方がほとんどかと思います。しかし、ご自身で引越しをする場合にはこれらのメリットもありますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

引越し 自分で

費用を抑えることが出来る

業者に依頼すると10~15万円の費用がかかりますが、ご自身ですべて作業を行うことでその費用を全額抑えることが出来ます。

 

日時を自由に選ぶことが出来る

多くのサラリーマンの休日は土日ですので、土日の引越しは予約するのも大変です。随分前から予約していたら話は別ですが、急な転勤の場合には、予約出来ないこともざらにあります。しかしご自身で引越し作業をする場合には、好きな日時を選ぶことが出来ますし、土日を使って荷物を運び、新居を整理することも出来ます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム