家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

マンション貸すなら知っておきたい!リロケーションで使う用語7選

リロケーションは、転勤などで自宅を空室にする人しか利用できないサービスです。

家賃収入といえば、アパートの大家さんといったイメージがありますが、リロケーションは、マンション所有者のように、物件を購入する必要がありません。

それはもちろん、自宅が賃貸物件になるからです。

つまりリロケーションは、失敗するリスクが低く収入を得られるサービスなのです。

 

空室期間中だけマンションを貸して家賃収入を得ることができる、帰任時にはちゃんと自宅に戻ってくることができる、リロケーションサービスは転勤者のことを想ったサービスなのです。

 

ですが、リロケーションを利用するために必要な基礎知識をお持ちでしょうか?

「知識なんて何もない!」という方がほとんどではないでしょうか?

そこで今回は、リロケーションに関係する基本的な用語をまとめてみました。

ぜひリロケーションの基礎知識を学びましょう。

 

リロケーションってなに?

転勤などで一時的に自宅を留守にする人の住宅を預かり、賃貸物件として貸し出し、賃料の収集や、家の管理点検明け渡しなどの保証を請け負うサービスのことを、「リロケーション」と言います。

 

一時使用賃貸借契約ってなに?

借地借家法第40条である一時使用建物賃貸借に基づいて交わされる契約です。

契約期間が過ぎるまでは借主からの解約は不可能であり、満了されると、解約は民法に規定に則り、3ヶ月前までに予告すれば明け渡しが可能となります。

 

確定申告ってなに?

確定申告とは、1月1日から12月31日までの間に生じた所得に対して、経費などを差し引いた課税金額を税務署へ申告することです。

リロケーションを利用している貸主は、所得税法確定申告が義務付けられています。

海外転勤の場合は、リロケーション会社によって源泉徴収されますので必要はありません。

 

原状回復ってなに?

原状回復とは、リロケーションで自宅を貸した場合、明け渡し時に入居前の状態戻す義務が入居者にあるということです。

ただし生活することで避けることのできない傷については原状回復の義務を負いません。

 

定期借家契約ってなに?

平成12年3月より施行された定期借家法に基づいて交わされる契約のことです。

この契約では事前に決定した契約期間が満了すれば、正当な事由がなくても明け渡し請求が可能というもので、契約の更新はできませんが、貸主と貸主の両者の同意があれば再契約は可能となります。

 

空き家管理サービスってなに?

何らかの理由によりマイホームを空き家にする場合に、月1回から住居内を巡回し、通水通気換気清掃などを行うサービスです。

 

ハウスクリーニングってなに?

家の掃除を専門に請け負う掃除のプロを派遣し、住居をクリーニングするサービスです。

 

まとめ

リロケーションサービス

リロケーションでは、様々な契約を交わさなければなりませんので、知識として言葉の意味を認識しておく必要があります。

 

リロケーション
一時使用賃貸借契約
確定申告
原状回復
定期借家契約
空き家管理サービス
ハウスクリーニング

最低でもこれら7つの用語の意味は覚えておきたいですね。

 

最後に

リロケーション会社をお探しの方はアパルトマンエージェントへお問合せ下さいませ。

お客様に安心して転勤先で生活して頂くため、弊社では優良企業の社員様を優先してご紹介いたします。

家賃滞納保証、空室保証などのサービスもございますので、ぜひ物件の無料査定をしてみて下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム