家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

こんなに差が!マンションを貸す前にやるべき内覧者訪問の3つの法則

リロケーションは、基本的な管理はすべて管理会社が行うから「安心して任せられる」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、家主様の協力も必要です。それは、家主さんの心配りや入居者への想いがなければ、入居者をGETできないからです。

そこで今回は、家主様がリロケーションを利用する前に、「家主様がやっておかなければならない3つの準備」についてお話ししたいと思います。

 

家をキレイに清掃する

リロケーションを利用するのは、つまり大家さんになるようなものです。どんなに新しい家でも、内見をした際にその家の生活臭がすると、「この家に住みたくないな」と思ってしまいます。

弊社ではリロケーションを利用する際に、家具をすべて移動し、張り替えハウスクリーニングすることをお願いしております。

また、天井クロスクリーニングワックスがけをしておくと、内見者は「掃除が行き届いたきれいな家」だと感じ、印象もアップします。それによって、入居が決まることもありますので、掃除をしっかり行いましょう。

 

テレビ受信を維持しておく

リロケーションを利用する場合には、入居者が、入居した当日からテレビを見ることができる環境を作っておきましょう。

もちろん貸し出し期間中の使用料は、入居者の負担となりますが、テレビ受信を維持し、入居者様への心配りを示すことが大切です。

 

現状報告をする

・設備機器の取扱説明書を用意する

・自治会や町内会に関する規約や情報を伝える

・マンションの場合、駐車場に関する規約を伝える

・マンションの管理規約を伝える

上記の4つは必ず入居者に伝えるよう心掛けましょう。

例えば自分が引越してきた時に、自治会や町内会について、マンションの利用規約について詳しく知っていれば、困ることはありませんよね。

入居者様が新しい生活で困らないように、町内会のルールなどを報告しておきましょう。また、様々な規約ルールなどの書類を残しておくようにしましょう。

 

まとめ

家をキレイに掃除する
テレビ受信を維持しておく
現状報告をする

上記3つのことは、家主様が入居者のために出来る最低限のことです。

 

リロケーションを利用したからと言って、すぐに入居者が決まるわけではありません。家主さんが入居者のために、どのような取り組みをしているかで転勤中の副収入の金額は大きく変わってきますので、入居者から選ばれるキレイな家にしておきましょう!

 

まずは、どんなことをすべきか、弊社の担当者にご相談下さい。専門の担当者がご自宅を査定し、どういったことをすれば良いのかサポートいたします。

家賃収入ばかりに気を取られるのではなく、入居者様に気持ちよく生活してもらうことを考えて、行動していきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム