家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

海外赴任者が転勤までにやるべき5つのチェックリスト

海外赴任が決定した場合、何をやらなければならないのか分からず焦ってしまう方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?海外転勤となると、家族は?家は?と混乱してしまうのも無理はありません。見知らぬ土地へ行くわけですから、不安や恐怖もあるかもしれません。

しかし、海外赴任までに社会人としてやるべきことがありますよね。そこで今回は、転勤が決まったサラリーマンがやらなければならない5つのチェックリストを作成致しました。しっかりチェックをして、海外赴任に備えましょう。

 

赴任までのスケジュールをたてる

海外赴任が決定すると、出国まで多忙な日々が続きます。赴任が決定した時点で、スケジュールを立てていきましょう。仕事の引き継ぎはもちろんのこと、家族も同行するのか、現地での住居はどうするのか等、話し合いも含めて、確実に取り組まなければなりません。

 

赴任先の情報収集を行う

現地に関する本を購入する、インターネットで情報を仕入れる、先輩から話を聞くなど方法はいくつもあります。現地の情報を知らなければ、到着してから困ることだらけです。どのような予防接種を受けなければならないのか、生活水準はどの程度なのか等の情報収集を行っておきましょう。

 

持ち物リストを作成する

日本では、欲しいものがあればすぐ購入できる環境が整っています。しかし、海外はそうではありません。日本製品のように高性能のものを購入できるかは分かりませんので、必ず必要だというものをリストアップしておきましょう。

 

日本での生活について考える

海外赴任に家族が同行する場合、自宅はどうするのか?リロケーションを利用して家賃収入を得るのか、空き家として放っておいて良いのか、自動車の処分はどうするのか等、家族で話し合いましょう。

 

健康診断を受診する

健康診断は必ず受診しましょう。日本と海外は医療事情が異なっていますし、歯の治療は日本で受けておきましょう。健康な状態で海外へ飛び立つためにも、日本で健康診断を終えておきましょう。

 

今回のまとめ

1)赴任までのスケジュールを立てましょう。

仕事の引き継ぎから現地の住居など決めなければならないことは山積み状態です。いかにスムーズに進行できるかが重要になりますので、スケジュールをしっかり立てておきましょう。

 

2)赴任先の情報を仕入れましょう。

本を買う、インターネットで調べる、先輩から話を聞くなど、現地の情報を収集しておきましょう。また、語学の勉強も同時に開始しなければなりません。

 

3)持ち物のリストを作成しましょう。

日本では何でも簡単に購入することが出来ますが、海外はそうではありません。日本の便利な製品が買えない場合もございますので、現地で困らないよう持ち物のリストを作成しておきましょう。

 

4)日本での生活について考えましょう。

家族は同行するのか、住居はどうするのか、自動車はどうするのか、など日本での生活についてまずは整理させましょう。

 

5)健康診断を受診しましょう。

歯の治療は日本で済ましておくべきですし、日本と海外は医療事情が異なります。健康な状態で現地へ赴くたま、健康には気を遣いましょう。

 

不安や心配ばかりかもしれませんが、1つ1つ確実にチェックしていって下さいね。

 

最後に

海外転勤までにやらなければならないことをご紹介してきましたが、持家を所有している方は、ご自宅をどうするか?考えなければなりません。

そんな時にお薦めなのがリロケーションです。リロケーションは転勤期間中だけ期間限定で自宅を賃貸するサービスです。

家賃収入が入ってきますので、転勤中も住宅ローンを支払うことができるのです。

リロケーションでは、ぜひアパルトマンエージェントをご利用下さいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム