家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

転勤でマンションを貸す・売る・空けるから考えるベストな方法

転勤 マンション 貸す

「昨年、ローンを組んでマンションを購入したにも関わらず、今年に入ってから転勤辞令が言い渡されました」とお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。

最近は戸建てのマイホームではなく、マンションを購入される方も多いですよね。30代になり、やっとの思いで購入したにも関わらず、国内・海外への転勤を言い渡される会社員の方からのお悩みをよく聞きます。

マンション購入って、人生のなかで最も大きな買い物といっても過言ではありません。一括でドンッと購入される方はまずいらっしゃいません。ほとんどの方は何十年もの住宅ローンを組んで、返済されます。

今後、10年、20年、30年…と長期にわたって住宅ローンを返済していくことになります。しかし、そんな時に転勤辞令が出てしまったら、どうしようもありませんよね。一般的に転勤先の家賃は、企業が工面してくれる場合が多く、社宅などを提供されることがあります。(そうでない場合もあります)

そこで、本日は転勤の時にマンションを「貸す」という選択肢についてご紹介させていただき、売却や空き家することで発生するリスクについてお話します。リスクを回避する方法としてご参考にしてみて下さい。

 

転勤の時にマンションを貸すとは

転勤 マンション 貸す

転勤の時に、マンションや戸建てなどのご自宅を貸すことを「リロケーション」と言います。リロケーションサービスは転勤期間中、大切なあなたの自宅を守ってくれるサービスです。入居者に期間限定で自宅(マンション・戸建てなど)を貸すことによって、月々安定した家賃収入を得ることができ、住宅ローン返済に使いまわすことができます。また、帰任後は、自宅マンションや戸建てに戻ることができるのです。

 

×マンションを売却するリスク

マンション 売却

住宅ローン返済のためにご自宅を売却したとしても、中古扱いされてしまいますので、マンションの価値は大幅に下落します。さらに、任期を終えて海外転勤から日本へ帰ってきた場合にも、一からマンション探しをしなければなりません。

 

×マンションを空室にするリスク

マンション 空室

マンションにしても戸建てにしても、住宅とは住む人がいるからこそ活きることが出来ます。高温多湿の日本環境では、マンションを閉めっ放しにしておくと、湿気によって大切なマイホームが傷んでしまいます。キッチンや浴室、トイレも長期間使用しない状態が続けば、どんどん劣化が進んでしまいます。

 

マンションを「貸す・売る・空ける」ベストな方法

今回は、転勤の時にご自宅を「貸す」「売る」「空ける」の3つの方法のなかで、どの方法がベストな方法なのかをご紹介してきました。今回お話した「リロケーションサービス」は、ご自宅をお持ちの転勤者にとっては強力な味方となります。

マンションを貸す ・家賃収入を得ることが出来る・帰任後マンションに戻れる
マンションを売却する ・マンション価値が下落する・帰任後マンション探しからスタート
マンションを空室にする ・マンションが劣化する

 

最後にお伝えしたいこと

リロケーションでは、自宅を定期借家契約で貸すことによって、帰任に合わせて自宅に戻ってくることができ、更新などの問題で、借主とトラブルになることもありません。貸主さんは、安定した利益を得ることが可能になります。

売却するのか、空き家として置いておくのか、転勤の際は、それぞれのリスクを考え、最も便利な方法を選択したいですね!

 

リロケーションに興味を持った方は、ぜひ家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンエージェントにお問合せ下さいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム