家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

マンションを貸す時に注意しておきたい3つのデメリット

マンション 貸す メリット

国内・海外転勤を理由に、マンションを貸す「リロケーション」の利用をお考えの方も多いでしょう。リロケーションを上手に活用すれば、転勤中に家賃収入を得ることが出来ますので、貸主さまにとって、とても有益なサービスですよね。

しかし、マンションを貸すときには注意しなければならないことがいくつかあります。どんなに価値のあるサービスにも必ずデメリットがあります。今回は、リロケーションでマンションを貸すときに、注意しなければならない3つのデメリットについてお話します。メリット・デメリットのどちらも理解した上で、サービスを活用したいですね。

 

(1)マンションを貸すと傷つく可能性がある

マンション 貸す

リロケーションのデメリットとしてまず最初にあげられるのは、マンションが傷つく可能性があることです。たとえ「ペット飼育は禁止」と謳ったとしても、勝手にペットを飼う人やご自宅を大切に使わない人が少数ながらいらっしゃいます。「大切な自宅が汚されるのは絶対にイヤ!」と言ってリロケーションをしない家主さまもいらっしゃいます。

弊社ではそんな家主さまの不安を少しでも取り除くべく、厳正な審査を経て、信頼できる借主さまをご紹介させて頂いていますので、ご安心下さいませ。

 

(2)賃料を安く設定しなければならない

家賃 マンション

リロケーションでは、一般的に賃料を安く設定することになります。一般的な賃貸では、たとえ家主さまが、「入居者さまに退去してほしい」と考えていても、簡単に「出て行って下さい」と申し出ることが出来ません。法的な手続きを踏み、入居者を退去させなければならず、悔しい思いをしている家主さまも大勢いらっしゃいます。

しかし、リロケーションの場合は、何年間の「期間限定」で自宅を貸すことになりますので、その分賃料を少し低く設定します。

弊社では、まず無料査定をさせて頂き、家主さまのご自宅はいくらほどで賃貸できるかを見極めます。無料で査定させて頂きますので、お悩みの方はぜひ一度お問合せ下さいませ。

 

(3)入居者が決まらず家賃収入が入らない

マンション 家賃収入

せっかくリロケーションを活用しているのに、入居者が決まらず空室状態となっている家もあります。それは、家主様にとってデメリットですよね。入居さまが入らなければ家賃収入は入りませんし、自宅が劣化してしまう可能性もあります。

弊社では、入居者募集の問題点を早急に発見し、改善することで入居者獲得に努めております。

 

マンションを貸すときに注意すべきデメリットまとめ

今回の記事では、マンションを貸す(リロケーション)における3つのデメリットについてお話しました。

マンションを貸すと傷つく可能性がある
賃料を安く設定しなければならない
 入居者が決まらず家賃収入が入らない

このようなデメリットがありますが、弊社ではデメリットを解消するために大手優良企業の方を優先してご紹介し、厳正な審査を経て、家主さまにご紹介させて頂いています。

また赴任後、安心した生活を送って頂くために、定期的なご報告や家賃保証サービスなどを行っておりますので、ぜひ弊社のリロケーションサービスをご利用下さいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム