家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

転勤先でスムーズに賃貸物件を探す3つのチェックポイント

転勤することが正式に決定したビジネスマンの皆さん、赴任地での部屋探しは済みましたか?

新たな土地での生活に不安を抱えていらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、転勤先での賃貸物件をスムーズに見つける3つの極意をご紹介します。

 

チェック1忙しくてもじっくり内覧する

賃貸 キッチン

転勤では引越し準備、仕事の引き継ぎ、子どもの転校手続き、住民票など各種手続きが必要となり、忙しい日々が続くと思います。

しかし、物件はじっくりとよく見て検討するようにして下さい。日がよく当たるのか、部屋の広さは適当か、雰囲気はどうか、ニオイはないかなど各部屋をしっかりと見て選ぶことを心掛けてください。

 

チェック2情報収集は抜かりなく行う

賃貸 情報

「住んでみて分かる」とよく言うように、近所の犬がうるさい、子どもの遊ぶ場所がない、小学校・中学校が遠い、近所付き合いが希薄など住んでみなければ分からない問題もあります。しかし、分かる範囲で調べておくことが大切です。例えば小学校・中学校までの距離や、自治会があるのかなどは調べることができますよね。あとは内覧をした際に周辺地域を探索してみると良いですよ。

 

チェック3すぐに生活できるのかを確認する

賃貸 カーテン

内覧からすぐに契約に至った場合、すぐに生活可能なのか、ライフライン(水道・ガス・電気)は利用できるのかどうか確認しておかなければなりません。今では賃貸マンションでも家具付き物件もありますので、カーテンがなくて困るなどの状況に陥らないように確認しておくことが重要となります。

 

今回のまとめ

リロケーションで自宅は貸すことになったので、安心。でも転勤先の賃貸物件はどうやって選べばよいのか、3つのポイントに絞ってご紹介いたしました。

荷物を運ぶ

1つめのチェックポイント「忙しくてもじっくり内覧する」

転勤前後は、準備などに追われ忙しいと思いますが、内覧をしてじっくり検討することが大切です。また、内覧をした際には部屋の広さや雰囲気、明るさ、ニオイなどを確認するだけでなく、「物件がなぜ、いつから空室なのか」を担当者に確認してみるのも良いと思います。

 

2つめのチェックポイント「情報収集は抜かりなく行う」

賃貸でも戸建でも「住んでみて分かる」ことってありますよね。近所の犬がうるさかった、繁華街なので夜でも騒がしい、子どもの小学校が遠いなど、今お住まいの家でも、住んでみて「嫌だなぁ」と思うことってあるのではないでしょうか?

その「嫌だなぁ」という思いを少しでも解消しておくために、情報収集はきちっと行いましょう。海外赴任の場合は、前任の方にお話しを伺っておくなどしましょう。

 

3つめのチェックポイント「すぐに生活できるのか確認する」

水道、ガス、電気などのライフラインはすぐに供給可能な状態でしょうか?内覧へ行き、すぐに契約、入居となった場合に、それらのライフラインが滞ることがないかを確認しておかなければなりません。お風呂やトイレが使えない、調理もできないとなれば困ってしまいますので、必ずチェックして下さいね。

 

自宅を貸すから、もうこれで安心!ではありません。新たな場所で生活するために、あなたとご家族が納得する物件を選び抜いてくださいね。

 

最後に

転勤でご自宅を留守にする場合には、リロケーションをご利用下さい。

リロケーションとは、転勤中の期間限定で自宅を賃貸し、家賃収入を得るサービスです。

ぜひアパルトマンエージェントで無料査定をご依頼下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム