家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

海外転勤でも子供が困らないために押さえておくべき4つの教育機関

子ども 転校

転勤が決まると、ご夫婦共に忙しくなりますが、お子様のケアをしっかり行うことが重要です。

子どもにとって、「転校」は負担が大きいですし、お友達とのお別れ、環境の変化など上手く適応できるのか不安でいっぱいになります。

そこでご両親は少しでもお子さんの不安をなくしてあげるために、教育に関する情報を多く入手しておくことが大切です。

今回は、海外にはどのような学校の種類があるのか、ご紹介いたします。お子さんと話し合って、どの学校に通わせるかを決定しましょう。

 

日本人学校

日本人学校とは、現地の日本人会が中心となって出来た全日制学校です。日本の学校教育を受けさせたいという思いのもと設立された学校なので、日本人教師が、日本の検定教科書を使用して指導します。

それに加えて、現地国の文化や歴史を学ぶ交流会を催すなどのプログラムもありますので、

 

国際学校

国際学校とは、所在国に設置されている外国人学校のことで、インターナショナルスクールやアメリカンスクールなどと呼ばれることが多いです。

使用される言語は教育課程によって、学年制は学校によって異なります。日本に帰国した場合には、原則として年齢に合った学年に戻ることができます。(義務教育の場合)

 

現地校

現地校とは、所在国の政府などが学校として認めた現地教育施設のことで、子どもを赴任国の国民として教育するための全日制学校です。

公立学校に入学する場合は、日本と同様に学区によって通う学校が異なります。私立学校に入学する場合には、入学資格が必要な場合もありますので注意が必要です。

 

私立在外教育施設

私立在外教育施設とは、日本国内と同等以上の教育を行うことを目的として、日本の私立学校・企業が設置した全日制の学校です。

日本人学校は中学3年生までしかないため、高等教育を受けたい場合に利用されています。

 

今回のまとめ

子ども 転校

お子さんの転校に伴って、海外にはどのような学校の種類があるのかをまとめました。

以下の4種類の学校があります。お子さんに合った+お子さんが望む学校を選ぶことが何より大切です。

お子さんは、不安でいっぱいだと思いますので、ご両親が教育情報をバッチリ押さえておき、少しでも不安を取り除いてあげましょう。

 

日本人学校

現地の日本人会が中心となって出来た全日制学校です。日本人教師によって、日本の学校教育を受けることができます。加えて、海外ならではのプログラムもあります。

 

国際学校

多国籍の子どもが一緒に学ぶ外国人学校です。使用言語は教育課程で、学年制も学校によって異なります。日本の義務教育の年齢で帰国すると、年齢に合った学年に原則として戻ることができます。

 

現地校

赴任国の国民として教育するための全日制学校です。私立学校の場合には、入学資格が必要な場合もあります。公立学校の場合は、学区がありますので住居によって通う学校が決まります。

 

私立在外教育施設

日本の私立学校・企業が日本の学校教育の同等以上を目的とした全日制学校です。海外で高等教育を受けたい場合に利用されることが多いのが、この私立在外教育施設となっています。

 

最後に

海外には様々な教育機関があり、英語や現地語を取得するチャンスとなりますので、ぜひ活かしたいですよね。

海外転勤でご自宅を長期間空けることに不安や心配はありませんか?

そんな方にお薦めなのが、リロケーションサービスです。

転勤期間中のみの賃貸となるので、帰任の際にはちゃんとご自宅に戻ることができますし、家賃収入で住宅ローンを支払うこともでき、とても便利なサービスです。

ぜひ一度、お考えくださいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム