家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

転勤で引越しする人必読!引越しまでのタイムスケジュール

転勤に家族が同伴する場合には、「引越し」が待っています。

単身赴任の場合は、準備にさほど時間をかけることはありませんが、家族全員で引越しとなると、住宅をどうするのか検討しなければなりませんし、業者の選定や、荷造りに追われ、忙しい日々を過ごすことになります。

その中でご近所への挨拶回りや、各種手続きなどを行わなければなりませんので大忙しです。

「あれをやらなきゃ!これをやらなきゃ!」と焦っていても準備は順調に進みません。まずは、“いつまでに何をやらなければならないのか”をまとめる必要があります。

そこで今回は、引越しまでの流れを掴んで頂くために、転勤で役立つ!引越しタイムスケジュールをご紹介いたします。

 

3ヶ月前~2ヶ月前にやるべきこと

まずは引越し業者を決定します。価格やサービスを、インターネット等を活用して調べましょう。次にリロケーションを利用するか決めます。転勤中だけ自宅を賃貸することで、家賃収入を得ることができますので、夫婦でよく相談し決定しましょう。

次に、持っていく家財、捨てる家財、置いておく家財を決めます。トランクルームに家財を預けておくという方法もあります。海外転勤の場合は、航空便で運ぶのか、船便で運ぶのかを決めなければなりません。荷物の使用度や重量によって決定して下さい。

 

1か月前にやるべきこと

自宅に置いておくものがある場合は、トランクルームに預ける、親戚に預けるなどの依頼をしなければなりません。

不要品は、粗大ごみに出す、ガレージセールに出すなどの方法で処分しましょう。

海外転勤の場合で船便を利用する時には、荷物をまとめて業者に依頼をしましょう。

お子さんがいらっしゃる場合には、学校手続きをしなければなりません。学校に問い合わせて必要な書類など準備をしましょう。

 

2週間前にやるべきこと

スーツケースに荷物を詰めます。海外転勤の場合は、航空別送荷物を仕分けします。

ご近所への挨拶回りや、住所変更の手続きを行います。

 

引越し直前にやるべきこと

航空別送荷物を発送し、トランクルームを利用する場合には荷物を運び出します。家財が少なくなったら、清掃やごみの処理を行います。

水道、ガス、電気の供給を止める手続きをしましょう。そして、家を引き払います。

 

今回のまとめ

引越し タイムスケジュール

転勤を理由に引っ越しされる方のための「引越しタイムスケジュール」をご紹介しました。

引越しまでの流れをまとめると、以下のようになります。

3~2ヶ月前 ・引越し業者の決定・リロケーションの決定・家財の仕分け計画

・荷物の配送方法の決定(海外転勤の場合)

1ヶ月前 ・荷物の仕分け(トランクルーム、親戚に預ける)・不要品の処分・学校の転校手続き
2週間前 ・スーツケースに荷造り・航空別送荷物の仕分け(海外転勤の場合)・ご近所への挨拶

・住所変更などの手続き

直前 ・航空別送荷物の発送・(トランクルームを利用する場合)荷物の運び出し・清掃・ごみの処理

・水道、ガス、電気の供給を止める手続き

・家の引き払い

引越し準備をスムーズに進めるためには、タイムスケジュールを組んで、行動することが大切です。リロケーションやトランクルームの活用など、転勤期間中に役立つサービスもありますので、ぜひ活用してみて下さい。

 

最後に

転勤で必要なのは、引越しのタイムスケジュールだけではありません。

自宅を空ける方、対応はきちんとしていますか?

自宅を賃貸する「リロケーション」を利用してみてはいかがでしょうか?

転勤期間中だけですので、帰任後はすぐ自宅に戻ることができ、大変便利なサービスです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム