家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

転勤が不安で眠れない人の3つのタイプと症状の改善方法

転勤 メンタルヘルス

転勤を控えているビジネスマンの皆さん、転勤(特に海外転勤)では体調を崩してしまう人も多く、慣れない職場や生活に馴染むことが大変です。

今回は転勤者に多いメンタルヘルスについてお話ししていきますが、来月から転勤で、睡眠に困っていると言う方もぜひ、対処方法など参考にしてくださいね。

 

入眠困難タイプ

転勤者に最も多いのが、入眠困難というタイプで、寝つきが悪くなります。

ベッドに入るとなぜか目がさえてしまい、なかなか眠れず、寝付くまでに1時間以上かかってしまう人も多くみられます。

対処法としては、熱すぎないお風呂にゆっくり入り、お風呂を出てからも足を冷やさないようにすることです。

また、足裏をマッサージすると、リラックスでき、眠りを促してくれます。

落ち着く音楽をBGMで流してみたり、ベッドに入ったらよけいなことは一切考えずに、落ち着くことを心掛けてみて下さい。

自宅から最寄り駅まで徒歩で行き、軽い運動をしても効果がみられるでしょう。

 

中途覚醒タイプ

中途覚醒とはその名の通り、眠りの途中で目覚めてしまうことです。1度目覚めてすぐに眠れるならば問題はありませんが、何度も起きる、一度起きるとなかなか寝付けない場合は、ストレスに耐える力が弱くなっていると言えます。

対処法としては、家族との団らんの時間を大切にする、ラジオ体操など軽めの運動をする、ゆっくりと入浴するなどの方法があります。

ストレスを上手に発散することが大切です。周りに当たり散らすのではなく、運動や趣味の時間を大切にすることも大事ですよ。

 

早朝覚醒タイプ

早朝覚醒とは、朝早くに目覚めてしまい眠れなくなることです。早朝覚醒は「うつ病」のサインとも言われていますので、早めに相談する、治療することが大切です。

対処方法としては、体内時計を正しくする、規則正しい食事をとる、お酒を控えるなどありますが、日の光を浴びて体内時計を正常にし、毎日3食しっかりと食事をとって栄養を補給する、そして飲酒を極力控えるなどの方法があります。

 

今回のまとめ

転勤 メンタルヘルス

転勤で、様々な不安や悩みを抱えて、眠れなくなってしまう人も多くいます。

3つのタイプがありました。

 

1 入眠困難タイプの対処法
・熱すぎない(ちょうど良い温度の)お風呂に入浴する・足を冷やさない・足裏をマッサージする

・落ち着く音楽をBGMとして流す

・よけいなことを考えない

・駅までウォーキングする

 

2 中途覚醒タイプの対処法
・家族団らんの時間を大切にする・ラジオ体操など軽めの運動をする・入浴の時はゆっくりする

・運動や趣味に時間を費やす

 

3 早朝覚醒
・体内時計を正常に戻す・規則正しい生活をする・飲酒を控える

 

最後に

転勤が不安で夜も眠れない方は、今回ご紹介した3つのタイプで、自分はどのタイプに当てはまるかを分析し、改善方法を実践してみて下さいね。

また、ご家族も転勤に同行する場合は、使用しないご自宅を期間限定で賃貸できるリロケーションサービスをご利用してはいかがでしょうか?

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム