家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

転勤者は必読!転勤者が物件を探す時に重要な3つのポイント

転勤辞令が出て、2か月後には転勤をするというサラリーマンの方、現地での住宅はすでに決まっていますか?

もし、まだ決まっていない!という方は、ぜひこれからお話しする3つのポイントを覚えて、活用して下さいね。

 

家を選ぶには「場所」が重要

当たり前のことかもしれませんが、まず第一に重要なのは、住宅の「立地」です。

駅近の物件かどうか、自動車通勤する場合には、渋滞の心配はないか、お子さんがいる場合には、通学距離などをしっかりと事前にチェックしておかなければなりません。

また、近くに公共施設、薬局、ショッピングセンターなどがあると大変便利です。

 

物件探しはチラシだけではない

物件を探す時には、チラシだけでなく、インターネットや、新聞の広告、無料賃貸情報誌などを活用して、探していきましょう。

特に活用できるのはインターネットです。どのような物件を探しているのかを打ち込むだけで、最適な物件を案内してくれます。

また、どれだけ忙しくても内覧の際には、きっちり物件を確認するようにして下さいね。

 

治安の問題を考える(海外の場合)

海外転勤をされる場合には、治安の問題をよく考えなければなりません。

最近、日本人が巻き込まれる事件が後を絶ちません。海外では、自分の身は自分で守ることが鉄則です。

まずは、少しでも治安の良い地域、住宅環境に気を付けて物件を選ぶ必要があります。

海外にはたくさんの危険が潜んでいます。その危険を回避するために、物件を選ぶ際には、細心の注意を払って下さいね。

 

今回のまとめ

転勤をする時には必ず「物件探し」をしますよね。

物件探しの際のポイントを3つご紹介してきました。

転勤でリロケーションすると得られる5つのメリット

 

場所に気を付けて物件を選ぶ

通勤時間、駅からの距離、学校からの距離、公共施設へのアクセスなど、まずは「立地」が重要です。

家族全員が快適な生活を出来るために、最適な場所で物件を探すようにしましょう。

 

物件探しはインターネットを活用

物件を探す際には、チラシだけでなく、インターネットや新聞の広告欄、情報誌などを参考にしましょう。

また、内覧する際にはしっかりと物件の隅から隅までを確認して下さいね。

 

海外赴任の場合は治安を考える

海外では自分の身は自分で守るのは当たり前です。そのために少しでも安全な場所で生活するようにしましょう。

海外にはたくさんの危険が潜んでいますので、治安の良い場所を選んでくださいね。

 

最後に

転勤で自宅が空室になる場合は、「リロケーション」を活用してみてはいかがですか?

転勤期間中だけでも家賃収入を得ることが出来ると、住宅ローンの支払いにも役立ちますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム