家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

通勤中の3分で読める!確定申告の作成で初心者が気を付ける4選

転勤に伴って、ご自宅をリロケーションする方、リロケーションを利用すると、確定申告を提出する必要があり、その時に「青色申告承認申請」を出そうと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、確定申告までに知っておきたい!確定申告書の作り方ノウハウをご紹介します。

 

青色申告特別控除を受ける

リロケーションをしているだけで、不動産賃貸業者と同じ扱いとなりますが、10万円の青色申告特別控除を受けておくと、10万円控除されますので非常に助かります。

 

確定申告書作り

1年間の収支を記録し、申告書を作成しなければなりません。

不動産所得の計算は、収入から経費を差し引きするだけですので、とても簡単です。

不動産業者から届く振り込みの明細を必ず保管しておきましょう。

 

経費の計上が何より大切

確定申告では、リフォームにかかった費用、管理費、その他の出費など、経費が発生する場合には領収書を保管しておかなければなりません。

経費をもれなく申告することが、税金を少なくするためには1番重要事項なのでしっかり押さえておきましょう。

 

減価償却費の計算

不動産賃貸業者1年目の方にとって、最も難関なのは減価償却の計算ではないでしょうか?自宅を貸し出すために新調した設備などについては、減価償却費が出ますので、金額と内容を記録しておきましょう。1年目の計算は、税務署で教えてもらえますが、不安だという方は、事前に計算方法を調べて、提出しましょう。

 

今回のまとめ

確定申告の提出は、普段慣れない主婦の方や、サラリーマンの方にとっては大変な作業かもしれません。しかし、不動産賃貸業者として家賃収入を得ている以上は、毎年行わなければなりません。

10万円の控除が受けられる青色申告で提出する、振り込みの明細は必ず保管しておく、管理費、出費などの経費は必ず記録しておく、減価償却費では、新調した設備の金額と内容を記録しておきましょう。

 

最後に

確定申告については理解できたけど、肝心のリロケーションについてよく分からないという方は、アパルトマンエージェントのリロケーションをご利用下さい。

リロケーションは、転勤中だけご自宅を賃貸し、家賃収入を得るサービスです。

弊社では、お客様が安心して自宅を貸すことができるために、厳正な入居審査などを行っております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム