家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

海外赴任で家を探す時に重要視すべき!住宅を選ぶ3つの基準

海外赴任されるご家族の方、新居をお悩みではありませんか?

初めての海外赴任ならなおさらです。たとえ前任者がいたとしても、どのような地域に住めば良いのか、不安を感じているご家族が多いはずです。

そこで今回は、海外赴任される方向けに、住居の選ぶ基準を3つご紹介しますね。

 

お子さんがいるか

小中学校に通うお子さんがいらっしゃる場合には、地域を選択する際に限りがあります。

海外の小中学校は、スクールバスで通学する、もしくは両親の送り迎えとなります。

両親が送り迎え出来ない場合、スクールバスが近所を走行していないと、学校へ通うことが不可能となってしまいますので、居住できる地域に限りがあるのです。

 

セキュリティー問題

発展途上国では、日系駐在員の住まいは豪邸ですので、空き巣や窃盗の被害に遭う可能性もあります。

そのため、治安の良さを重要視しなければなりません。ドアマンを配置したマンションを選ぶなどの工夫が必要です。

 

日本人居住者がいるか

日本人の駐在員が多いマンションなどに住むと安心ですのでオススメです。

しかしその一方で、狭いコミュニティーでの付き合いに疲れてしまわないか、ストレスがたまってしまうこともありますので、注意が必要です。

 

今回のまとめ

今回は、海外赴任される方への住居の選ぶ基準をご紹介してきました。

 

お子さんがいるか

小中学校に通うお子さんがいらっしゃる場合には、ご家族の方の送迎が不可能な場合、スクールバスが通る地域に住まなければなりません。

 

セキュリティーの問題

発展途上国では、日経駐在員の住まいは豪邸となりますので、空き巣・窃盗対策を打たなければなりません。

 

日本人駐在員がいるか

日系駐在員の多いマンションなどでは安心感は増しますが、コミュニティーがどうしても狭くなってしまいますので、ストレスをためる方もいらっしゃいます。

 

最後に

ところで今お住まいのご自宅はどうされますか?

転勤期間中だけご自宅を賃貸するリロケーションを利用して、家賃収入を得ることができますので、ぜひ一度ご検討下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム