家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

転勤辞令が出たらマイホームをどうするべき?3つの解決策

海外進出を果たす企業が多くなっている昨今、たとえ英語を話せなくても、「来月から中国へ転勤だ」と辞令が出るサラリーマンもたくさんいらっしゃいますよね。

語学面での不安や、家族はどうするのか、現地は安全性が確保されているのか、など心配なことが山ほどあるはずです。

それと同時に、「最近、戸建てやマンションを購入した」という方、せっかく購入した夢のマイホームをどうすれば良いのでしょうか?

もちろん、マイホームは放っておいて海外での生活をすることもできます。しかし、それは意外とリスクを伴うものなのです。

そこで今回は、転勤と夢のマイホームの間で悩んでいる人のために、転勤の際のマイホームの処理方法をご紹介します。

 

空き家管理サービスを利用する

先ほど、マイホームを長期間放っておくとリスクを伴うという話をしました。

というのも、長期間ご自宅を空室にしておくことによって、室内の空気の流れが悪くなり、カビや湿気が発生するのです。

それを防ぐのが、空き家管理サービスです。このサービスでは、毎月ご希望の回数の通風清掃業務やパッキン等の劣化予防(台所、洗面、浴室、トイレ)の為の通水などの業務を行います。

 

リロケーションを利用する

転勤の際に、最も活用するべきなのがリロケーションです。

リロケーションは転勤期間中だけご自宅を賃貸し、家賃収入を獲得するサービスです。

リロケーションを利用することによって、他人に住んでもらいますので、空気の流れが滞ってしまうこともありませんし、家賃収入を住宅ローン返済に充てることもできますので、一石二鳥のサービスです。

 

自宅を売却する

たとえ今回の転勤で2~3年後に帰任したとしても、その後も転勤が続くだろうという方は、自宅を売却するのも1つの選択肢です。

せっかくの夢のマイホームは売却したくないでしょうが、仕方のないことですよね。

最近では、賃貸マンションだけでなく、一戸建ての賃貸住宅もありますので、ご家族で戸建賃貸に入居されても良いのではないでしょうか?

 

今回のまとめ

初めての転勤では、分からないことだらけでしょうし、旦那さんは仕事の引き継ぎなどに追われ、奥さんは引越し準備や役所への手続きなどに追われ、大変忙しい日々を送ることになると思います。

 

そんな中で、つい忘れがちなのが「ご自宅」のことです。

今回お話した3つの方法をぜひ活用していただきたいと思います。

空き家管理サービスを利用する
リロケーションを利用する
自宅を売却する

 

最後に

3つの方法のなかでも、リロケーションにご興味・ご関心を抱かれたみなさん、家賃保証サービスや丁寧な定期報告で安心のサービスをご提供するアパルトマンエージェントのリロケーションをご利用下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム