家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

転勤妻のための海外赴任準備で必要なものリスト|チェック項目

海外赴任 準備

海外赴任に向けて着々と準備を進めている転勤妻の方、単身赴任者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?でも、海外赴任となると、現地に何を持って行けば良いのか分からない…という方も多いはずです。日本と外国では勝手が違いますし、不便なこともありますよね。そこで今回は、海外赴任の準備をするために、海外に持っていくと役立つ電気製品や日用品、衣料品、台所用品をご紹介したいと思います。

 

海外赴任で持っていくと役立つ電気製品類

海外では電圧が違うため、電気製品をそのまま使用すると故障してしまう可能性があります。使用可能な電圧であることを確認することはもちろん、変圧器で電圧を調節する必要がある製品もありますので、注意を払って下さい。また、差し込みプラグの形が異なる場合もあります。現地に合わせた変換プラグを購入する必要があります。変圧器や変換プラグ以外にも電気炊飯器や電子レンジ、電気毛布、ドライヤー、扇風機、アイロン、電池、布団乾燥機、掃除機、ミシンなどを持って行っておくと便利です。

 

海外赴任で持って行くと役立つ台所用品類

日本を離れてもこれまで使い慣れた道具を使ってお料理をしたいですよね。また、日本料理に使用する茶碗などは海外では入手できない可能性が高いですので、日本から持って行った方が良いと思います。自宅でホームパーティーをする時にも、和食器で振舞うと日本らしさが出て良いのではないでしょうか?海外赴任で持って行くべき主な台所用品は、包丁、まな板、蒸し器、すき焼き鍋、湯のみ、急須、おろし金、巻きずし用のすだれ、しゃもじ、おたま、重箱、箸、箸置きなどです。

 

海外赴任で持って行くと役立つ衣料品類

外国の洋服は日本人のサイズと異なる可能性もありますので、衣料品はいくつか日本から持って行った方が良いと思います。ワイシャツや下着、お子さんの服、浴衣は持って行くのが無難です。服は現地でも購入することが出来ますが、お気に入りの洋服は持っていきたいですよね!重くなりすぎない程度に持っていくことをオススメします。

 

海外赴任で持って行くと役立つ日用品

日本は非常に便利な国で、安全な製品をいつでも購入することが出来ますよね。しかし海外はそうではありません。日用品は「絶対使わない!」と思うもの以外は持って行っておくと役立つと思います。体重計や雑巾、洗濯バサミ、うちわ、裁縫セット、医薬品、コンタクトレンズ、眼鏡、布団、座布団、化粧品、書籍などを持参しましょう。

 

今回のまとめ

今回は海外赴任の際に持って行って良かった電気製品や台所用品、衣料品、日用品をご紹介してきました。海外赴任となると日本とは勝手が違いますし、不便なこともあると思います。ですが、事前にきちんと準備しておくことで不便なく生活を進めることが出来ると思いますので、ぜひご参考下さい。変換プラグ

●持っていくべき電気製品類

変圧器、変換プラグ、炊飯器、電子レンジ、電気毛布、ドライヤー、扇風機、アイロン、電池、布団乾燥機、掃除機、ミシン など

 

●持っていくべき台所用品類

包丁、まな板、蒸し器、すき焼き鍋、湯のみ、急須、おろし金、巻きずし用のすだれ、しゃもじ、おたま、重箱、箸、箸置き など

 

●持っていくべき衣料品類

ワイシャツ、肌着、子供服、浴衣 など

 

●持っていくべき日用品類

体重計、ぞうきん、洗濯バサミ、うちわ、裁縫セット、医薬品、コンタクトレンズ、布団、座布団、化粧品、書籍 など

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム