家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

配属先変更!初めての転勤でまず考えなければならない3つの項目

転勤

配属先変更などで転勤を控えている方も多いですよね。転勤はご家族にとっても負担が大きいと思いますが、家族一丸となって転勤と向き合い、様々な問題について家族で話し合うことで乗り越えていきたいですね。急にご主人様から「来月から転勤になった」と告げられた奥様もいらっしゃるはずです。初めての転勤で「何から始めれば良いのかまったく分からない」という方は、今回お話する「自宅」「荷物」「お子さんの転校」についてまずはご家族で話し合って頂きたいと思います。

 

自宅は売却する?それともそのまま放置する?

住宅 売却

マンションを賃貸している方は解約すれば良いだけですが、マイホームの方は処分するべきか置いておくべきか悩みますよね。転勤と言ってもすぐに帰任出来るのかどうか分からない場合は、自宅を売却するという方法を考えなければならない場合もあります。しかし、売却と放置、2つの手段しかないわけではありません。リロケーションという手段もありますので、様々な方法から適した手段を選びたいですね。(転勤者向けのリロケーションで獲得できる5つのメリット

 

荷物はどうすれば良いの?

転勤 荷物

赴任先へ持っていく荷物と置いておく荷物を仕分けするのも大変ですよね。どの家具を持って行けば良いのか分からないという方も多いと思います。転勤族に役立つ家具選びを参考にして、家具の選び方と何を持って行けば良いのか検討しましょう。

 

子どもの転校の手続きはどうすれば良いの?

転校

転勤となるとお子さんも同行しますよね。お子さんも転校となると精神的な負担を感じていますので、十分にケアするようにしましょう。海外転勤の場合は、お子さんが困らないように教育機関を調べておきたいですね。こちらの「海外転勤でも子供が困らないために押さえておくべき4つの教育機関」を参考にしてみて下さいね。

 

今回のまとめ

今回お話したご自宅をどうするのか、荷物をどうするのか、お子さんの転校をどうするのか、これらはご家族の話し合いのなかでどうすれば良いのかを導き出すのが1番だと思います。家族でよく話し合って下さいね。先にもお話したように、マイホームは売却もしくは放置の2つしか選択肢がないわけではありません。リロケーションでご自宅を貸して賃料を得ることもできます。

荷物は持っていくべき荷物なのか、そうでない荷物なのかに分けて処分すべき荷物は思い切って処分してしまいましょう。また、お子さんの転校は精神的な負担が大きいものです。お子さんのケアを忘れずに転校の準備を進めていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム