家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

海外赴任を言い渡されたら読む!不安を解消する3つの心構え

海外赴任 不安

来月から「夫が海外赴任を言い渡された」という奥さま、転勤というだけでも体力・精神的なストレスが大きいのに、海外赴任となると不安でいっぱいになってしまいますよね。現地での生活はもちろん、お子様の学校のことなどたくさんの心配事があると思います。今回は海外赴任のための心構えをいくつかお話したいと思います。初めての海外赴任で悩まれている方はぜひご一読下さい。

 

現地の習慣に合わせること

日本には、様々な文化や風習がありますよね。それは海外でも同じことで、海外にも様々な習わしや風土があります。特にイスラム教では1日5回のお祈りや食べ物にも制限がありますよね。現地に入ってしまえば、現地の習慣に合わせるのが鉄則です。まさに「郷に入れば郷に従え」ですね。現地の習慣やタブーを事前に調べておき知識として頭に入れておくことが必要です。

 

以心伝心では相手に伝わらない

日本では、目配せをするだけで相手の意志を汲み取ることが出来ますが、海外では「以心伝心」や「阿吽の呼吸」はありません。自分の意志はしっかり言葉にして伝えなければなりません。日本人は結論を最後に話す人が多いですが、海外では結論を先に話してしまい、その理由を後から述べると、相手により分かりやすく伝わると思います。

 

防犯対策は抜かりなく行う

日本は世界的にも安全大国と言われていますよね。電車で居眠りをしていても荷物がなくなっていることなんてありません。しかし、海外ではスリや盗難は日常茶飯事です。日本人は日頃からスリに遭う機会が少ないため、狙われやすくなりますので注意が必要です。危険な場所には行かない、混雑した場所を避けるなどの対策を講じましょう。日本ではありえないかも知れませんが、海外では防犯意識を高める必要があります。

 

今回のまとめ

今回は、夫が海外赴任をした際に、妻(家族)がしておく心構えを3つご紹介しました。海外赴任には不安がつきものです。その不安を少しでも解消してから現地で生活を始められるよう情報を収集しておく必要があると思います。

海外赴任 不安

現地の習慣に合わせること

日本に様々な文化・風習があるように、海外にも様々な習慣や習わしがあります。特にイスラム教の国では禁止事項が多くなります。現地の習慣に合わせて行動する必要があります。

以心伝心では相手に伝わらない

日本では、結論を伝えなくても相手に思いが伝わります。ですが、海外では以心伝心は存在しないものだと捉え、「意思表示」をきちんとするように心がけましょう。

防犯対策は抜かりなく行う

日本は安全大国と言われていますが、海外はスリや盗難などが多く、特に日本人は狙われやすいですので、危険地域には足を踏み入れないようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム