家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

緊急時の対応|海外赴任は事前準備で安心して過ごす方法

海外 緊急 対応

海外に長期間滞在しなければならない駐在員など、海外赴任をされる方は、緊急時の対応についてよくお考えでしょうか?朝まで元気にしていた旦那様またはお子さんが急に発作を起こして自宅で倒れたら…。あなたはどのように対応しますか。緊急時の対応によって生死をわけることもあります。そこで今回は海外赴任をしている方の緊急時対応のハウツーをご紹介したいと思います。

 

基本情報をメモしておく

現地ではもちろん日本語は通じません。つまり状況などを英語(または現地の言葉)で伝えなければなりません。ですが、急なことにあなた自身もパニックに陥っているはずです。簡単な言葉でも上手く伝わらないこともあるかも知れません。そこで住所、電話番号、同僚の自宅電話番号をメモして、分かりやすいところに置いておきましょう。もし上手く状況を伝えることが出来なかったとしても住所や電話番号を伝えることが出来れば救急車が駆けつけることは出来ます。

会話のシミュレーションをしておく

英語の授業でよく外国人に自己紹介をする、外国人に道案内をするなどの簡単なフレーズや単語を習いましたよね。緊急の電話対応もフレーズや単語を頭に入れておくだけで伝えやすさ、伝わりやすさが変わると思います。いつ、緊急事態となった場合でも落ち着いて行動できるようにシミュレーションしておくと良いのではないでしょうか?

 

身分証やパスポートを用意する

救急車で病院に運ばれると処置がされ、恐らく入院ということになるでしょう。すると身分証やパスポートが必要となってきます。日頃から財布のなかに入れているかも知れませんが、身分証とパスポートをどこに保管しているのかを把握しておいた方が良さそうです。

 

サービスを利用する

病院での対応や緊急時に急行して対応してくれるサービスもあります。自分一人ではどうしても不安という方はそういったサービスを活用してみてはいかがでしょうか?緊急時には迅速な対応が必要となりますので、サービスに登録しておいても良いと思います。

 

まとめ

今回は海外の赴任先で緊急事態が起こった場合にどのように対応すれば良いのかお話してきました。緊急事態にただでさえパニックに陥っているのに、英語で伝えなければならないなどの負担がのしかかってきます。事前にしっかりと準備しておきたいですね。

基本情報をメモしておく
会話のシミュレーションをしておく
身分証やパスポートを用意する
サービスを利用する

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム