家賃保証・信頼性の高い借主を紹介するアパルトマンのリロケーション

海外で出産する時に知らないと困る!3つのポイント

海外 出産

旦那さんの海外転勤により、海外で出産をする奥さんもいらっしゃるのではないでしょうか。近年グローバル化が進み、どんどん海外へ進出しなければならない時代がやってきました。海外駐在員の年齢も下がる一方ですので、海外で出産をする奥さんが増えていますが、やはり海外で出産するというのは不安ですよね…。そこで今回は、不安を解消して出産に臨むための心得をお話したいと思います。

 

海外での出産に関して万全の準備をする

海外での出産は、英語でされる場合も多いですし、国のなかでも最高の医療機関で出産できる場合が多いです。しかし、ある程度英語を話せる場合でも、「妊娠中毒症」や「逆子」などの専門的な用語は分からない場合が多いのではないでしょうか。出産時に使う言葉が分からないままだと、医師と上手くコミュニケーションをとることも出来ません。出産準備教室や定期健診にしっかり参加し、出産に向けて万全の準備を行いましょう。準備は旦那さんに手伝ってもらうことも忘れずに。

 

国の文化を理解して出産に臨む

英語やその他の言語が分かっても、国の文化を理解するには時間がかかります。出産は国によって様々な文化があります。多くの国では、正常分娩の場合3日以内に退院させられるのが普通です。日本での当たり前は、海外では通用しませんので、それぞれの国の文化を知っておいた方が良いと思います。

 

明確な意思表示をする

産後の母乳マッサージやピアスを開けるか、へその緒を取っておくのかなど海外では意思表示をしなければなりません。よく分からず適当に返事をしていると、後になって後悔することもありますので、明確に意思表示するようにしましょう。また分からないことや疑問点は必ず質問し、不明点をゼロにして出産に臨むようにしたいですね。

 

今回のまとめ

今回は、海外での出産についてお話してきました。グローバル企業が増え、若いうちから海外転勤になる方が増えています。そのなかで奥さんは海外で出産を経験することもありますよね。初めてのことで不安かも知れませんが、しっかりと準備をしていきたいですね。

海外での出産

海外での出産に関して万全の準備をする

出産に関する専門的用語を分かるようにしておきましょう。出産準備教室や定期健診にも夫婦で参加するようにしたいですね。夫婦で協力しあって万全の準備をしましょう。

 

国の文化を理解する

日本での当たり前は、海外では通じません。海外の多くは、正常分娩の場合3日以内に退院させられるのが普通だそうです。赴任地の文化に合わせることが重要です。

 

意思表示をする

母乳マッサージやピアスを開けるか、へその緒を取っておくのかなど明確に意思表示をしましょう。また、質問をするなど出産までに分からないことはゼロにしておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

転勤留守宅管理ならリロケーションサービス

購読する

リロケーションコラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
リロケーション | 会社概要 | コラム